エントリー

2014年05月の記事は以下のとおりです。

「おもてなし」の強化!

  • 2014/05/30 12:02

いつも弊社タクシーをご愛顧いただき、ありがとうございます。

いつもだいたい、このフレーズから書き始めるのですが…御乗車頂いたお客様のうち、一体どれくらいの方が見て下さるのだろうか?逆に、見て下さった方のうち、どのくらいの方にご乗車頂けてるのだろうか?

深く考えすぎると頭髪に良くないので、サクサクと書き進めます。

 

4月16日より運行を開始致しました、ユニバーサルデザインタクシー(UDタクシー)について。

UDタクシーの乗務員は「ユニバーサルドライバー研修」を修了した者のみに限定しており、障がいの有無等に関わらず全てのお客様に対して一定レベル以上の接遇ができる者となっております。

私自身も、導入に先立ちこの「ユニバーサルドライバー研修」を受講しましたので、浜松まつりの期間中は自らUDタクシーにて乗務をしました。

そして先日、このユニバーサルドライバー研修の、講師資格を取得して参りました。

20140530115754.jpg

実はこの「ユニバーサルドライバー研修」、UDタクシーの為だけの研修ではないのです。というか、本当の「ユニバーサル」は、車両(ハード面)ではなく、乗務員のソフト面での整備が大事なのです。

どんなに便利なスロープが付いていても、安全に正しく扱えない乗務員では意味がないですし、極端な話、「障がい者なんか乗せないよ!」と乗車拒否をしてしまえば、スロープの意味なんてないのです。

一番の基本は、タクシードライバーが運送業ではなく接客業・サービス業であるという自覚とプライドを持ち、相手がどんなお客様であれ、変わらぬ真心でおもてなしをするということです。

せっかく講師資格を取得しましたので、「ユニバーサルドライバー研修実施機関」の認証を受けると共に、社内教育にも生かし、より一層のレベル向上をはかっていきます。

 

以下余談です。ユニバーサルドライバー研修には「乗務員の健康管理」という項もあるのですが…研修の疲れか、はたまたイクメンの疲れか…風邪を引きました。修行が足りませんね。。

浜松まつり期間中のご利用について

  • 2014/05/01 08:33

いつも弊社タクシーをご愛顧頂き、ありがとうございます。

いよいよ、今年も待ちに待ったこの季節がやってまいりました!

「浜松まつり」期間中のタクシーご利用についてご案内致します。

[1]交通規制中はタクシーも入れません

 →中田島凧揚げ会場は指定されたルートのみ可。

[2]凧揚げ会場からの電話注文はお受けできません。

 →タクシー乗り場を浜松市タクシー協会で設置しますので、そちらを御利用下さい。
 (規制区域内の住民の皆様からのご注文はお受けできますのでご相談下さい)

[3]当日注文、即時注文は大変混雑します。

 →ご希望の時間にお迎えに伺えない事もあります。事前にご予約頂くとスムーズになります。

[4]夕方の中心部は規制の外周が非常に混雑します。

 →中心部へ行かれる方は早めのご注文・ご出発をお勧めします。

[※]障害者手帳をお持ちのお客様は凧揚げ会場内までお送りできます

 →福祉限定車両もしくはUDタクシーをご利用になり、障害者手帳の提示が必要です。あらかじめご予約下さい!

 


ご注文・ご予約は時間に余裕を持ってお早めにお願い致します。

ご注文・ご予約・お問い合わせは下記へどうぞ
配車センターTEL:053-463-5511

お電話以外のご注文方法はこちら

どなたでも、お気軽に。

  • 2014/05/01 08:01

いつも弊社タクシーをご愛顧頂き、ありがとうございます。

先日運行を開始したUDタクシーのお話です。

182A1333.jpg

ご乗車頂いたお客様からは、

  • 「乗り降りがしやすい」
  • 「乗り心地がよい(目線が高く視界が開けてる)」
  • 「車内が広くて快適」

など、高評価を頂いております。

しかし一方で、車両外観を一瞥して、「自分は健常者だから」「普通のタクシーが良い」などと、避けられてしまう場面も残念ながらあります。

UDタクシーはその外観から、福祉専用車両のイメージを持たれてしまっているのが原因だと思われます。

ここで私は声を大にして言いたい。

UDタクシーはどなたでも小型運賃で、セダン型のタクシーと同じようにご乗車頂けます!

これ、すごく大事なことです。

福祉タクシー(福祉限定車両)は、一定の要件に当てはまるお客様だけを輸送するものであり、その他一般のお客様をお乗せすることは法律で禁止されています。つまり、福祉限定車両での輸送に該当するお客様からの注文がないとき、その車両は車庫に止まったままになります。

事業者にとって、一般タクシー車両よりも高額な福祉限定車両を、一般タクシーよりもはるかに少ない利用頻度で維持しなければなりません。これが、福祉限定車両が普及不足となる大きな要因です。

また、お客様にとっても、車椅子での外出はあらかじめ予約をしないと対応してもらえない、待ち時間が長いなど、一般タクシー利用者と比べ移動に制約が多くなってしまいます。

UDタクシーの場合、これらの問題点が解決されています。

UDは、法律上一般タクシーと同じ位置づけ(静岡運賃ブロックでは「小型」に分類)ですから、車椅子の方も健常者も、分け隔てなく輸送することができます。つまり、24時間365日、ずっと稼動させたままにすることができます。

事業者にとって、一般タクシー車両よりも高額な車両ではありますが、一般タクシーの代替として購入・維持ができるこの車両は、より提供しやすいものとなりました。

また、お客様にとっても、駅で、街中で、気軽に手を挙げて呼び止めることができるようになり、外出時の大きな障壁が一つなくなったと言えるでしょう。

ところが、です。

一般のお客様になかなか認知して頂けず、街中で乗り場の先頭に居ても「普通のが良い」と避けられてしまっては、なかなか普及が進みません。無線配車専門の車両にしてしまえば、「街で気軽に呼び止められる」というメリットを殺してしまいます。

UDタクシーは、新しい時代の、新しいタクシーです。

是非一度、お客様ご自身に体感して頂き、新しい時代を感じて頂けたらと思います。

 

配車センター:053-463-5511

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着エントリー

Feed